世界をつなぐ雑貨ショップ 〜Connecting cultures through local goods〜

  • お問合せ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
 

世界各国の情報(カ行)

世界各国の情報(カ行)中南米など、世界をつなぐ雑貨ショップ |Eネットストア|enet store

《キューバ共和国》

“キューバ”

キューバとは

【基本情報】
面積:11.1万平方キロ(日本の0.29倍)
首都:ハバナ
主要言語:スペイン語
通貨単位:ケツァル
気候:熱帯性だが貿易風でやや温和。 5~10月は雨季、11~4月は乾季
日本との時差:-14時間

【歴史】
 元々、南アメリカのギアナ地方から来た
タイノ族や、シボネイ族、カリブ族と呼ばれる
先住民が暮らしていたキューバ島は、
クリストファー・コロンブスの第一次航海で
ヨーロッパ人に発見されました。
 キューバの住民たちはインドに到着したと思ったコロンブスにより、
「インディオ」(インド人)と呼ばれ、
さらには、スペインの植民地となってしまった事により、
スペイン人による虐殺や虐待、強制労働などが原因で
そのほとんどが絶滅したとされています。
 1868~1902年には独立戦争を行い、
アメリカと共闘し、スペイン軍をキューバ全島から
駆逐することができました。
そして、1902年に独立することとなりました。
しかしその後、共闘したアメリカに支配され、
半植民地状態となってしまいます。
 その際、現状に不満を持ったキューバがアメリカに反発したため、
アメリカはキューバとの外交関係を断絶、
貿易も全面禁止としてしまいました。
 また、キューバの核戦争の企てにより、
アメリカとの関係はさらに悪化の一途をたどることとなります。
 そのまましばらく、お互いに敵視していた両国ですが、
アメリカのバラク・オバマ大統領による政権により
国交が回復する運びとなりました。。
 一時両国の関係は良好に見えましたが、その後アメリカ大統領に就任した
ドナルド・トランプはキューバに厳しい姿勢を示し、
現在は再び関係が悪化しそうな兆しがみられます。

【地理】
 本島であるキューバ島は、
西インド諸島に属するカリブ海で最大の島です。
 島の4分の1は山岳地帯で、島の全域が山地となっています。
西部にオルガノス山脈、中央部にトリニダー山脈、南東部にマエストラ山脈が
島の主な山岳地帯です。
・オルガノス山脈
 カルスト地形で、険しい石灰岩の山地や洞窟が多く存在しています。
 肥沃で排水が良いため、栽植産業地に適しています。
・トリニダー山脈
 高度が3つの山脈で1番低く、
銅・マンガン・ニッケル・クロム・鉄鉱石・タングステンなどの
地下資源が豊富に埋蔵されています。
・マエストラ山脈
 3つの中で1番長く複雑な地形になってい
標高2,005mのトゥルキーノ山がそびえています。
 南方斜面が急な断崖をなす一方で、
北方斜面は緩慢で中央低地が発達しており、
キューバの主要な産業地域に数えられています。

キューバの観光スポット・グルメ

【観光スポット】
 建物の壁にチェ・ゲバラの似顔絵が!『革命広場』
“革命広場”
 他にも、世界で1番綺麗な海と言われる『バラデロ(Varadero)』や、
様々な歴史的な建造物を見ることができる『ハバナの旧市街』など、
今流行りのフォトジェニックな場所がたくさんありますよ。

【グルメ】
 キューバの人々の主食ともいえる食材はお米。
 日本と違い細長いお米ですが、塩と油で炊き、
黒インゲン豆の煮込みを横に添えたり、鶏肉と一緒に炊き込んで
チキンライスにしたりと、お米を使う料理がたくさんあります。
 また、お米と同じくらい好まれるのが、バナナです。
 白いご飯と揚げたバナナはキューバの人々の
食事に毎日のように登場します。
 このご飯の付け合わせはビアンダと呼ばれ、
この他にもマニオク(キャッサバ)、タロイモ、
ジャガイモなどのイモ類なども揚げたり茹でたりして添えられます。
 もう1つキューバの食卓に欠かせないのがインゲン豆です。
 トロトロになるまで煮込んでご飯の付け合わせにしたり、
スープの具材にして他の野菜や肉と一緒に食べたりと、
その料理方法は多種多様です。

◉スーパーフード
バナナ、コーヒーチェリー(コーヒーフラワー)、
パンプキンシード、ココナッツ、グアナバナ(サワーソップ)

✳︎Yuca con mojo(ユカ・コン・モホ)✳︎

[材料]
・ユカ芋(ラテン食材店で手に入ります)………2kg
・にんにく………5かけ
・オレンジジュース………大さじ1
・塩………小さじ1/4
・サラダ油………1/4カップ

[作り方]
1.ユカ芋の皮をむき、洗って、食べやすい大きさに切る。
2.沸騰したお湯に入れ、ユカ芋が柔らかくなって
 開き始めた瞬間に、小さいコップ1杯分の冷水を注ぐ。
 こうすることでユカ芋に火が通りやすくなり、
 モホソースが染み込みやすくなる。
3.次にモホソースを作る。すり鉢ににんにくと
 塩を入れてすりつぶし、オレンジジュースを加える。
4.フライパンに油を熱し、十分熱くなったところを
 すり鉢に注ぎ入れすぐにすり鉢に覆いをする。
5.最後に、4のモホソースをユカ芋にかける。

《グアテマラ共和国》

“グアテマラ”

グアテマラとは

【基本情報】
面積:10.9万平方キロ(日本の0.29倍)
首都:グアテマラシティー
主要言語:スペイン語
通貨単位:ケツァル
気候:低地は高温多湿で熱帯性、高地は温暖
日本との時差:-15時間

【歴史】
 グアテマラは、マヤ文明が栄えた中心的な国です。
 古典期には、ティカル(マヤ文明時の大都市)に
王朝が建てられ、メキシコやカンペチェ州の
カラクムルと覇を争うようになりました。
 また、1524年からスペインの植民地でしたが、
1821年にスペインからの独立を宣言しました。
 その後、1度はメキシコの
アウグスティン・イトゥルヒデ帝国に併合されましたが、
1823年にその帝国が崩壊した事により、
中米諸州連合結成を宣言し、翌年には中米連邦共和国
が設立しました。
 しかし、連邦内の利害対立が強くなったため、
1839年に単独政府を創設、
1847年には国名を現在の「グアテマラ共和国」
になりました。

【地理】
 国土は太平洋とカリブ海に面しています。
 北緯16度で北と南の二地域に分けることができ、
さらに、そのうちの南部を〝山岳高原地帯〟と
〝太平洋海岸地帯〟に分けることができます。
 北部は〝平原地帯〟となっています。
・コスタ
 太平洋海岸地帯の標高100m以下の平地のことを
指します。
 標高100m~1500mまでの斜面はポカコスタと
いい、標高500mを境に低地ポカコスタと
高地ポカコスタに分けることができます。
 標高が高くなるにつれ雨量が増します。
・山岳高原地帯
 山岳高原地帯は、
クチュウマタネ山系(北米プレート)と
シエラ・マドレ山系(カリブプレート)に
分かれています。
 両者の間の地溝帯にはポロチェク川とモタグア川
があり、ポロチェク川の下流域に国内最大の
イサバル湖があります。
 また、シエラ・マドレ山系には多くの火山が
分布しており、タフムルコ山やタカナ山など
4000mを超えるものもあります。

グアテマラの観光スポット・グルメ

【観光スポット】
 マヤ文明に栄えた都市、世界遺産の『ティカル遺跡』
 “ティカル遺跡”
 広大な土地の中に約3000の建造物があるため、
観光する際は半日ほどかかります。
 また、古代マヤ文明を詳しく知ることができる
『国立考古学民族学博物館』や、発掘の際、
日本の企業が中心となり出資した『カミナルフユ遺跡』、
グアマテラのほぼ中心に位置し、世界で最も美しい湖と
されている『アティトラン湖』、歴史的建造物の1つ
『メトロポリタン大聖堂』など、グアテマラには
見どころがたくさんあります。

【グルメ】
 グアテマラの人々の主食は
トウモロコシから作るトルティージャです。
 メキシコでも食べられていますが、
グアテマラのものは分厚くもちもちした生地が特徴です。
 また、トルティージャだけではなく、
トウモロコシの粉を練って蒸し上げる
タマレスやタマレスに具材を包んで蒸したパチェ、
タコスのようなエンチラーダや
トルティージャを揚げたトスターダなどもあります。
 さらに、インゲン豆も多く食べられています。
 煮込んだりペースト状にしたりスープの具材にしたりと、
トウモロコシと同じくらいグアテマラでは馴染みがあります。

◉スーパーフード
アルガローボ、アマランサス、カカオ、
コーヒーチェリー(コーヒーフラワー)、パンプキンシード、
チアシード、ココナッツ、グアナバナ(サワーソップ)、アボカド

✳︎Jocon(ホコン)✳︎

[材料(4~6人分)]
・鶏肉………450g
・水………1.5ℓ
・にんにく………3かけ
・長ネギ………1本
・コリアンダー………1束
・ミルトマテ(未熟なトマトで代用可)………5個
・ピーマン………2個
・レタス………3枚
・食パン………1枚(パン粉1/2カップで代用可)
・油………大さじ1
・塩コショウ………適量
・鶏がらスープ(味の調整用)(固形コンソメのスープでも代用可)
 ………適量

[作り方]
1.鶏肉とにんにく、長ネギを水から茹でる。
 火が通ったら鶏肉を取り出し、すべての野菜を入れる。
2.ある程度火が通ったら火からおろし、野菜と少量のスープに
 食パンを加えたものをミキサーにかけピューレ状にする。
3.2で作ったピューレ2/3を油をひいたフライパンに入れ
 かき混ぜながら煮詰めていく。
4.残りのピューレ、残っていたスープ、はじめに取り出した鶏肉
 を合わせて20分ほど煮込み、塩コショウで味をととのえる。
 もし味が薄ければ、鶏がらスープかコンソメスープで味を調整する。

《コスタリカ共和国》

“コスタリカ”

コスタリカとは

【基本情報】
面積:5.1万平方キロ(日本の0.14倍)
首都:サンホセ
主要言語:スペイン語
通貨単位:コロン
気候:熱帯性気候。5~11月は雨期で高温多湿、12~4月は乾期で温暖
日本との時差:-15時間

【歴史】
 1502年にヨーロッパ人が初めて渡来し、
1524年にスペインの支配下に入りました。
 1564年に中央盆地にカルタゴが建設され、
以後独立までコスタリカの政治と経済の中心となりました。
 制服の過程での疫病などによって、先住民の人口は
17世紀初頭には約1万人となり、労働力や金銀等の
鉱物資源が足りなかったためにスペイン人入植者の数は少なく、
コスタリカはスペイン植民地の中で孤立しました。
 時折海賊からの襲撃があったものの、植民地時代は
大きく変化のないまま時が過ぎていくこととなりました。
 その後、1789年にフランス革命が起こり、
それを機に多くの共和国が独立を果たすと、
1821年にそれらの共和国は中央アメリカ連邦共和国となり、
コスタリカもそれに併合されました。
 しかし、1838年に各々が独立を宣言したことにより、
中央アメリカ連邦は崩壊してしまいました。
 1839年にコスタリカの地も、
コスタリカ共和国として再独立を果たし、
コーヒーとバナナを輸出することで経済を安定させていきました。

【地理】
 自然が豊かで、独立当初は国土の95%が密林に覆われていました。
 現在の森林面積は国土の40%以下となっています。
 国土の中央を、グアナカステ山脈、ティララン山脈、
中央山脈、タラマンカ山脈が貫き、国土の中央には
標高2,000mに達する中央盆地が存在します。
 国内最高峰は3,901mのチリポ山です。

コスタリカの観光スポット・グルメ

【観光スポット】
 滝つぼで泳げる『ラ・フォルトゥーナ滝』
“ラ・フォルトゥーナ滝”
 また、火山のエネルギーを利用した『タバコン温泉』や、
国民に愛され続けている『コスタリカ国立劇場』、
ターコイズブルーが特徴的で神秘的な『リオセレステ滝』、
世界遺産にも登録されている孤島『ココ島』など、
ゆっくりしたい方にオススメの場所が揃っています。

【グルメ】
 基本的にコスタリカでは、お米やインゲン豆、バナナ、
トルティージャ、肉を主軸に野菜や魚を使って料理が作られています。
 辛い料理は少なく、トマト風味の料理が多く見られます。
 コスタリカの名物料理は、オジャ・デ・カルネという
ボリュームたっぷりの牛肉と野菜の煮込み料理や
ソパ・デ・マリスコスという魚介類のスープが挙げられます。
 また、お米の料理も多く、ニカラグアでガジョ・ピント
と呼ばれる赤飯のような豆の炊き込みご飯ピントは
コスタリカの人々の朝ごはんによく登場します。
 アロース・カントーネという広東風のチャーハンも
人気があり広く食されています。

◉スーパーフード
アルガローボ、バナナ、カカオ、
コーヒーチェリー(コーヒーフラワー)、パンプキンシード、
ココナッツ、グアナバナ(サワーソップ)、アボカド

✳︎Picadillo de fiesta(ピカディージョ・デ・フィエスタ)✳︎

[材料(15人分)]
・牛肉………1kg
・ローレル………4枚
・オレガノ………小さじ1/2
・セロリ………1本
・玉ねぎ………3個
・じゃがいも………4kg
・白インゲン豆………500g
・にんにく………4かけ
・アチョテ(天然着色料)………小さじ1/2
 (もしくは、パプリカ………小さじ1/4)
・クミン………小さじ1/2
・塩コショウ………小さじ1
・ソース(ウスターソースで代用可)………20cc

[作り方]
1.鍋に牛肉・ローレル・オレガノ・セロリ・玉ねぎ1個
 を入れ、牛肉が柔らかくなるまで茹でる。
2.茹で上がった牛肉を細かく刻んでおく。
 茹で汁は別の鍋にとっておく。
3.鍋にじゃがいもを皮付きのまま入れ、水をはる。
 好みで塩(分量外)を入れてから火をつけ、
 じゃがいもが柔らかくなるまで茹でる。
4.茹で上がったら冷めないうちに皮をむき、あら熱を取る。
5.冷めてきたら中くらいのサイコロ状に切っておく。
6.白インゲン豆は柔らかくなるまで茹でておく。
7.残りの玉ねぎ2個をみじん切りにする。
 にんにく4かけとみじん切りした玉ねぎに、
 アチョテもしくはパプリカを加えて炒める。
 さらに2の牛肉、5のじゃがいも、6の白インゲン豆
 を入れてよく混ぜ合わせる。
8.具材がよく混ざったら、2で取り分けておいた牛肉の茹で汁を、
 材料がかくれるまで少しずつ加える。
9.茹で汁を入れたあとよく混ぜる。
 途中でクミン・塩コショウ・ソースを味を確かめながら加えていく。
 蓋をして弱火にかけ、好みのかたさになるまで水分を飛ばす。

《コロンビア共和国》

“コロンビア”

コロンビアとは

【基本情報】
面積:113.9万平方キロ(日本の3.01倍)
首都:ボゴタ
主要言語:スペイン語
通貨単位:ペソ
気候:海岸部と東部の低地は熱帯、内陸部の高地は寒冷
日本との時差:-14時間

【歴史】
 コロンビアの古代民族の歴史には謎が多いようですが、
12世紀ごろ種々の地方文化が発展
していました。
 スペインが1525年に征服を開始し、以後3世紀の間支配。
 その後ペルー総督、そしてヌエバ・グラナダ総督府が統治。
1819年に国民的英雄シモン・ボリーバルがスペイン軍を破り、
大コロンビア共和国が誕生。
 その後、国名はしばしば変更されたが、1886年にコロンビア
共和国と改称。
 独立闘争以来、パナマ地域の独立やアメリカとのパナマ運河
建設の対立。
 その後、比較的安定した民主政治が続いた。
 第二次世界大戦後は、アメリカとの間に軍事援助協定が締結。
 一方、民族解放を唱えるゲリラ闘争の激化や麻薬シンジケート
によるテロ事件や、左翼ゲリラ勢力も存続していました。
 2008年の革命軍(FARC)掃討作戦など治安回復政策を実施、
その後も革命軍との和平交渉など、治安の改善が行われて
います。

【地理】
 コロンビアは、南米大陸の北西部にあります。
・アンデス山脈地方:Andean Region
 全長が8000kmのアンデス山脈が、南北に貫いています。
 コロンビア国内では、全長が1000km、平均高度が
3000m超で、5000mを 超える峰もあり、そこには氷河が
あり、多数の火山もあります。
 アンデス山脈は、自然環境の多様性をもたらしています。
・大河川地帯
 アンデス山脈から、多くの河川が太平洋へと繋がっており、
水量の豊富な河川が多いです。
マグダレナ川、カウカ川、オリノコ川、アマゾン川があります。
これらの河川の周りには、熱帯雨林が形成されています。
・海岸地方
 コロンビアの海岸地方は、内陸部とは隔絶しています。
 海岸地方には、かつてアフリカの人達が奴隷として連れて
こられたため、今でも内陸部に 比べてアフリカ系の人が
多くいます。
 カリブ沿岸地方では、わずかの雨で道路は冠水し、村全体
が水に浸される状態です。

コロンビアの観光スポット・グルメ

【観光スポット】
 シバキラの『塩の大聖堂』、
 素晴らしいラグーンの『Laguna de Guatape』
“グアタペ”
 街並みが美しい『要塞都市カルタヘナ』、ボゴタの
『黄金博物館』、美しいビーチ『サンタ マルタ』、メデジンの
モダンなスタイルの水族館、科学博物館エリア
『パルケ・エクスプローラ』、海に沈む美しいサンセットの
『サン・フェリペ・デ・バラハス城』、シュノーケリング
スポットの『プロビデンシア島』。

【グルメ】
 国全体的に、ジャガイモや黒豆、バナナが
主食といってもいいほどよく食べられています。
 また、近隣諸国同様ユカ(キャッサバ)も
主食やおかずとして食べられています。
 一般的な家庭料理や食堂で食べられる料理は、
スープや煮込み料理が多く、
肉や野菜を煮込んだものが好まれています。
 代表的なものとしては、アヒアコという鶏肉と
3種類のジャガイモ、ハーブ類を煮込んだスープが挙げられます。
 さらに、ベネズエラ名物でもあるトウモロコシから作る薄焼きパン、
アレパはコロンビアでも国民のソウルフードです。

◉スーパーフード
アサイ、アグアイマント、アルガローボ、アマランサス、
バナナ、カカオ、コーヒーチェリー(コーヒーフラワー)、
パンプキンシード、カムカム、チアシード、ココナッツ、
グリーン アスパラガス、グアナバナ(サワーソップ)、
ムーニャ、アボカド、キヌア、キャッツクロー、ヤーコン

✳︎Nuca de cerdo laqueado(ヌーカ・デ・セルド・ラケアド)✳︎

◆ユカ芋のピューレ
[材料]
・ユカ芋………400g
・水………1ℓ
・玉ねぎ………100g
・にんにく………1かけ
・香りづけハーブ(ローレル、ネギ、タイムなど)………1枝
・牛乳………200cc
・塩コショウ………適量
・カッテージチーズ(コステーニョチーズ)………150g
・バター………20g

[作り方]
1.ユカ芋を水の入った鍋に入れ、
 角切りにしたにんにくと玉ねぎ、香りづけハーブと一緒に
 20分ほどユカ芋がすっかり柔らかくまで茹でる。
2.ユカ芋をこし器で滑らかになるまで潰す。
3.カッテージチーズとバター、牛乳を加える。
4.塩コショウで味をととのえる。

◆パイナップルのチチャ酒
[材料]
・よく洗ったパイナップルの皮と芯………1個分
・パネラ(未精製の砂糖)………500g
・黒砂糖………150g
・シナモン、オールスパイス、クローブ、アニス………適量
・水………500cc

[作り方]
1.鍋に材料をすべて入れ蓋をし、2時間ほど弱火で煮る。
2.こし器で潰し、さらに好みの加減になるまで煮詰める。

◆完熟焼きバナナ
[材料]
・バナナ………1本
・バター………30g
・キャノーラオイル………20cc

[作り方]
1.バナナにバターとキャノーラオイルを塗り、
 クッキングシートを敷いたオーブン皿に並べて
 200度で20分間ほど焼く。
2.オーブンから取り出し、切る。

Search

TRICO ROSE

Pet’s art by Rochio

お店について

世界各国の情報

運営会社について

関連会社について

Eネットプリントについて

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間:平日10:00~17:00